Age of Pen

ARTICLE PAGE

たのしみあらむ

塚本邦雄
紫陽花のかなたなる血の調理臺こよひ食人のたのしみあらむ   (綠色研究)

まだあすなろう鉄道沿線で。
1LR6-_F667310-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_N661729-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_F667208-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_N661755-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
5LR6-_N661617-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

6×6判の75mmf2.8が好きと先日書きましたが、実際に撮った写真は多くありません。
ブローニー・フィルムのカーリング(巻き癖)をおそれて、当時は、
なるべく絞って、かつ撮影直前に巻き上げるようにしていたからです。
f2.8で撮るときは、ピントが来てますようにと祈りつつシャッターを切りました。

2 Comments

pithecantroupus  

Re: タイトルなし

carmencさん、こんばんは。
わたしは花の名前にはとんとうといのです。教えていただき、ありがとうございます。
紫陽花の歌は、管見した範囲ではカニバリズムを前提に解説されていますし、
塚本邦雄が、言語の専門家の自負の上に立って、
タブーのない言語空間をつくろうとしているだろうとも思いますが、
carmencさんのおっしゃるように、ディナーの楽しみを歌っているのかもしれませんね。

2016/07/02 (Sat) 23:10 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

ヒメジオンの中のスターチスかな?
スゴく素敵です
昔観たスエーデン映画の短くも美しく燃えのシーンに出てくるシーンが重なって浮かんできました
翻ってモノクロで描く世界
この切り返し、
ちょっと打ちのめされますよ

紫陽花を向こうに眺める調理台には血の滴るビーフでしょうか
夏バテの前に食したいものです

2016/07/02 (Sat) 16:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い