ひとつまみの塩ほどの

塚本邦雄
ほとほとに凌霄花(のうぜんかづら)萌えをはるひとつまみの鹽(しほ)ほどの愛がほし   (花にめざめよ)
刃物積む貨車、嬰兒とわれの寢臺車相聞のごとならびすすめり   (綠色研究)

四日市あすなろう鉄道日永駅界隈。
1LR6-_F667100-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_F667044-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_N661292-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_N661373-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
5LR6-_N661356-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

コメント

Re: タイトルなし

carmencさん、こんばんは。
不思議な符合です。
ホームとノウゼンカズラ。
ノウゼンカズラは季節がややずれているのですが、写真があったので使いました。
一首目の歌は、わたしなどよりも
キリスト教に造詣があるcarmencさんのご意見をお聞きしたいものです。

3枚目の写真好きです〜

私も同じ日にホームから撮影したのを載せてます
それと
元婚家の庭に大きな凌霄花の大きな木があったのを思い出して、
名前をど忘れして調べた所でした
その頃フィルム写真ですが写真撮っていて
今はどこにあるかわからないですけど
見事な凌霄花でした
偶然が重なって驚いてます

初めの歌が気になります
非公開コメント