塚本邦雄
愛すると二度と言はねば口中に齒刷子の靑鬚が逆立つ   (感幻樂)
仇敵のあはれ一人は母にして六月の蕗枯れつつ立てり   (閑雅空間)

彦根城址で。
1LR6-_N661122-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_N661165-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3LR6-_N661192-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4LR6-_N661094-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95

コメント 0

新着記事一覧