塚本邦雄
壯年のかくもかがやき水無月に「獨(ひとり)」てふけだものを飼ひをる   (波瀾)

上 (かむら) という集落。
奈良県高市郡明日香村上。
談山神社から明日香村へいく途中の棚田の美しいところでした。
LR6-_N660465-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
LR6-_N660505-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_N660604-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_R663861-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

コメント 2

pithecantroupus  2016, 06. 09 (Thu) 15:24

Re: タイトルなし

carmencさん、ありがとうございます。
「上」とかいて「かむら」とはとても読めない地名でした。
大化の改新の中臣鎌足にまつわる伝承があるそうですし、
発掘調査では渡来系部族のお墓らしいものも出土しているそうです。
飛鳥時代のむかしから人が住んでいた場所とは思えないしずかな集落でした。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 06. 09 (Thu) 13:02

美しい〜
鮮やかな緑と水をたたえた水田とくねった稲の列!!!
ススキを手前に、紫の花を向こう側に
素晴らしい田園風景の切り取りですね

編集 | 返信 |  

新着記事一覧