ひかりを記憶

塚本邦雄
篁のくらきひかりを記憶せしのみその朝もさらさら戀   (風雅)
薫生(あ)れ出でし春夜(しゆんや)をあはれみつ白樂天の詩をそらんじて   (源氏五十四帖題詠)

和束の写真もこれでほぼ終わりです。
1LR6-_N648256-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2LR6-_F645252-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_F645206-1.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
4LR6-_N647786-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5LR6-_F645269-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7

今日の二首目は季節がずれていますが、一首目の「篁(たかむら)」を小野篁と想像し、wikiで検索したところ、
 ”篁のものと伝えられる墓の隣には、紫式部のものと言われる墓があるが、これは愛欲を描いた咎で地獄に落とされた式部 を、篁が閻魔大王にとりなしたという伝説に基づく”
 ”白居易は、篁が遣唐使に任ぜられたと聞き、彼に会うのを楽しみしていたという”
と、、篁が紫式部や白楽天と縁がありそうなので。

コメント

Re: タイトルなし

carmencさん、ありがとうございます。
毎日、同じような茶畑の写真ばかりで、お恥ずかしいのですが、
carmencさんに励ましていただいているおかげで、
厚かましく続けています。
こういうのも「妄言多謝」というべきでしょうか。

美しい…
なだらかな曲線の土地の形状が不思議に見えて
丘の上のこんもり樹木
どこかヨーロッパの田舎にも思えます。
でもここは茶畑!
見事ですね〜
意外に広大なんですね〜
目も心も癒されるようです。
非公開コメント