塚本邦雄
愛はわが肉のはざまのかくれうを水の上行くイエスは識らず   (されど遊星)
ああはつなつ白馬(あを)とならびてわかものの性器垂鉛(すいえん)のごとし水の上   (星餐圖)

和束で。
1LR6-_N647783-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_N647745-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N648063-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3LR6-_N647970-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
5LR6-_N648201-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

コメント 2

pithecantroupus  2016, 05. 10 (Tue) 09:35

Re: タイトルなし

carmencさん、ありがとうございます。
塚本邦雄の歌はよく分からないままに置いてある飾りのようなものです。
イエスのことはcarmencさんにむしろ教えてほしいと思っています。
塚本邦雄自身は信者ではありませんが近しい人に信者がみえるし聖書も愛読書(?)のような存在だったらしいのですが、わたしは全く聖書の知識がないので。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 05. 09 (Mon) 22:56

ここは本当に美しい所ですね
今家にある有機宇治茶の抹茶を見てみたのですが産地は書かれてませんでした。ここかなあなんて考えるとちょっとロマンを感じたりしています。
茶畑に田んぼも交じっているんですね
ラストの空と緑だけの世界、最高ですね!

塚本の歌はイエスを知らない?イエスも知らない?
白馬のような元気な若者のことかな?

編集 | 返信 |  

新着記事一覧