Age of Pen

ARTICLE PAGE

花敷き

塚本邦雄
美術館から屠殺場までの道花敷きてエリア待つ夜もひるも   (社内報「またいち」)復刊号(昭和26年7月20日発刊))
角々に濡れたる薔薇のおかれある巷ゆき心飢ゑてかへりき   ( 〃 )

まだ菅浦。
1LR6-_F643683-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F643694-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_F643798-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_N647111-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5LR6-_F643662-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

4 Comments

pithecantroupus  

Re: タイトルなし

onorinbeckさん、ありがとうございます。
おっしゃるとおりモノクロームをたまに使うと新鮮ですね。
(本当は、都合の悪い色も消せるし・・・)

2016/04/24 (Sun) 18:50 | EDIT | REPLY |   

onorinbeck  

素晴らしい感性ですねー
桜のモノクロームって素敵だなあー

2016/04/24 (Sun) 09:27 | EDIT | REPLY |   

pithecantroupus  

Re: タイトルなし

carmencさん、いつもありがとうございます。
広々とした琵琶湖に竹生島が見えて、
まだサクラが残っていたのがうれしかったです。
風が気持ちよかったですよ。

2016/04/23 (Sat) 21:32 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

素晴らしい〜
1枚目、3枚目特に秀逸ですね
強調が却ってリアルで、内省的でもあるし、ロマンとか情熱とかが…
心に刺さりました。
最後の写真が帰結だとして
私はここに腰をおろして寝そべり見上げたい
内側の秘めた思いをたゆまぬ水面に託す… 
そんな感じ〜


2016/04/23 (Sat) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い