豊川市の三明寺の次は宝円寺の桜ですが、まだ三分咲きという様子でした。
この桜の向かい側にある松源院にも桜が咲いていましたので、ちょっと2枚付け加えて。
松源院は宝円寺を末寺にする松平氏ゆかりの由緒あるお寺だそうで、広大な敷地の中にいろいろな花が咲いていました。
1LR6-_N634800-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_N634642-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_N634825-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4LR6-_N634782-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5LR6-_N634689-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
一人づつ薄目ひらきて花たまへ花くれと叫ぶ屍體公示所   (透明文法)

コメント 2

pithecantroupus  2016, 04. 02 (Sat) 23:30

Re: タイトルなし

carmenc さん、ありがとうございます。
わたしには、耽美とか幽玄とか、とても手が届かない話です。
いつもいつも結果オーライで、はずかしいことです。
桜は私にとってときには妖艶であったり、生きているという実感を与えてくれる存在です。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 04. 02 (Sat) 00:28

桜には耽美とか幽玄とかのイメージがあって
前日のとこの日の作品群にその世界が垣間見えるのですが…

このような表現を出来るのがとても羨ましいです。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧