明日に耐へ

京都府相楽郡和束町で。
前回訪問した時に行けなかった茶畑にたどり着きました。
1-LR5__E631869-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__F631633-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4-LR5__F631654-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__E632005-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
われは重き明日に耐へつつ 底びかり男像柱(アトランテス)のゆするる腹部   (日本人靈歌)

コメント

Re: No title

carmencさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
軽やかな日になりますように。

Re: タイトルなし

carmencさん、コメントありがとうございます。
整備された東海自然歩道の近くで、美しい茶畑で有名な場所だそうです。
「重き明日」という言い方が変ですよね。ふつうなら「今日」とか「過去」だろうと思うのですが、明日もまた耐えねばならぬという言い方が緊張感を強いてくるように感じます。
「アトランテス」とふり仮名をしているものの、女性にいうのも恥ずかしいことですが、わたしはかなりワイセツな想像をしています。
品格を疑われそうですが、正直に告白します。

茶畑の曲線が美しい
棚田でしょうか。
このアングルが作ったうねりのラインなのでしょうね〜

重き明日に耐えつつ… ゆするる腹部というのが気になります。
前半同じ心境ですが…  男性像なのでもしかしたらと想像するのは果たして当ってるのか… まさかね。

非公開コメント