花持てるとき

東寺のつづきです。
1-LR5__N633734-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__F630926-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__N633560-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4-LR5__N633757-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
漕刑囚(ガレリアン)のはるけき裔か花持てるときもその肩もりあがらせて   (装飾樂句)

塚本邦雄の歌をおいていますが、わたしのおまじないの言葉みたいなものです。意味も分からないし、ときには漢字を間違って読んだりしています。
ガレリアンも、すぐに思ったのは映画「ベン・ハー」のチャールストン・ヘストンでした。それから、シャンソンのイブ・モンタンがうたう「ガレリアン」が何か関係があるのかなと。また、作者が世に出るきっかけをつくった中井英夫の「虚無への供物」へのオマージュかなとか。
素人には何一つ分からないのですが、お寺の桜のむこうに仁王様のような筋骨のまぼろしを一瞬みたような気になって、日常的な風景のなかに思いもよらないシーンを勝手に想像しています。

コメント

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
アメリカの銃をめぐる話題に無知でした。
もっと関心をもちたいと思いました。

うっかりしてました。
ヘストンは既に亡くなっているのを忘れてました。
全米ライフル協会会長で反対の急先鋒でした。
マイケル・ムーアの『ボウリング・フォー・コロンバイン』に出て来ます。

Re: タイトルなし

carmenc さん、いつもありがとうございます。
シャンソンのガレリアン、わたしもメロディを聞いて、ああこれ聞いたことがあると思いました。いい歌ですよね。聞いているうちに身体が動きだすような。
ヘストンが銃規制反対派って知りませんでした。小さいころから親に連れられて映画をよく見に行きましたが、自分から見に行きたいと言ったのはベン・ハーが最初で最後でした。
肩もりあがらせて花持っているのはイブ・モンタンですね。わたしは映画「恐怖の報酬」が強く印象に残っています。

樹木がいいですね〜
上の緑の葉の樹木の写真も、下の葉の無い枝が広がっている古木のもいいですね!背景の必然性を感じますね〜 とてもいい作品だと思います。
ボケさせた花も…

モンタンのガレリアン聴きました!
知ってる〜 と思いました(笑) タイトルは知らなかったけど、メロディは忘れてない感じでしたよ。
ベン・ハーは3回くらいは見てると思いますが(大人になってからは見てない)、その中でガレリアンって出てくるんですか? あの囚人のシーンの時?多分船を漕いでいたとか…? 記憶が曖昧。
それともチャールストン・ヘストン個人に関係してるのでしょうか?
ヘストンは今や銃規制妨害の中心人物なので、ベンハーの良い印象は消えてしまいましたが…

非公開コメント