塚本邦雄
ほのかにひらく白玉椿こみどりの『葉隠』は戀の至極を説けり   (黄金律)
おとしめらるるほどの名あらば人の世はおもしろ白玉椿おもしろ   ( 〃 )

ふたたび友田家住宅。
1-LR5__E631391-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__E631428-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__E631486-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__E631393-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
5-LR5__E631461-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

Pen-Fの感想をまた。
 背面の液晶モニターの裏側に貼られた人工皮革は優れものです。この人工皮革の貼られた面をおもてにしてカメラを構えると、シボが適度な摩擦になって安定して撮影できます。
 わたしはこのモニターをバリアングルファインダーとして使うときと、スーパーコンパネを使うときだけ必要なので、Pen-Fでは液晶を内側にするようにしています。(撮影した画像をモニターで確認するといった習慣はありません。またE-M5は背面がつるつるのプラスチックなので裏返しにするメリットがありません。)
 ストラップ環は不満です。ライカM5のようにタテ吊りにできるようにボディーの3か所にストラップ環をつけてほしかった。OM-Dはバッテリーパックをつけるとタテ吊りができますが、Pen-Fにはそんなアクセサリーは似合わないから、たとえばボディー・スーツあたりで実現してほしかったです。
 ファインダー倍率の低いのは一長一短ですが、ファインダー精度が落ちてもいいから小型のマグニファイアーができるとうれしいです。

コメント 2

pithecantroupus  2016, 03. 12 (Sat) 08:45

Re: タイトルなし

carmencさん、ありがとうございます。
友田家は、こんな奥に本当にあるのかなと思うほど行ったところに、失礼ながらひなには立派すぎるたたずまいで建っていました。
むかしの庄屋さんの権威の高さを思い知りました。
20畳の広間は村民が集まった場所と聞きましたが、わたしなぞは、さしずめ広間につづく土間か屋根の外の庭先ぐらいに座るのだろうと想像しました。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 03. 11 (Fri) 20:41

いいですね〜
どれも!
生活感とそこに生きた人の哀感というか、
私にはその家に嫁いだ長男の嫁たちが流した涙が見えます。
我が婚家も旧い家でしたので、重なって、、
柱の物陰ですすり泣く声が聞こえるようで…
見上げる茅葺きの屋根写真は圧巻だと思います。
誇らし気に君臨する旧家の圧倒的な重圧が漂っているような…

編集 | 返信 |  

新着記事一覧