Age of Pen

ARTICLE PAGE

泡を吹く

塚本邦雄
ジョゼフィヌ・バケル唄へり 掌(てのひら)の火傷に泡を吹くオキシフル   (装飾樂句)

有松で。
ジョゼフィヌ・バケルがジョセフィン・ベーカーのことだとは、検索してみるまで知りませんでした。それと、ジョセフィン・ベーカーというと腰にバナナをぶらさげて踊っているイメージしか持っていなかったことも恥ずかしいことでした。
1-LR5__M674783-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__2270029-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__M674643-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5_OLYVW3__2270319-2.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__M674863-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

2枚目と4枚目がPen-Fで撮った写真です。
”初代”というのはどこか尖ったところがあるように感じます。
二代目、三代目と性能は向上しても、デザインなどは穏健になって、つまらなくなるように思えるのです。
Pen-Fの背面モニターに人工皮革が貼ってあるのが好きですが、撮影結果に無関係で生産性が悪くコストも上がるデザインは、二代目に引き継がれるのか心配です。
E-P1のときも、E-P2、E-P3とどんどんダウンして、E-P5で持ち直した印象でした。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い