塚本邦雄
罌粟枯るるきりぎしのやみ綺語驅つていかなる生を寫さむとせし   (天變の書)
雪盲の眼に一莖の罌粟黑し知らずわれらのうちなるゲシュタポ   (感幻樂)

天浜線沿線で。
1-LR5__EE89639-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
2-LR5__EE89582-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
3-LR5__EE89799-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7

LUMIX 20mmは、35mmフルサイズで40mmと、私の好きな画角ですが、f値が1.7とやや暗いのとパンケーキ仕様であまり被写体に近づけないので、「ボケ」を生かした撮影がやりにくいです。しかも、レンズの基本性能が素直なので、いっそう「ボケ」ない印象です。

オリンパスさんは、E-M1で「深度合成モード」を搭載しましたが、『逆』深度合成というのはできないのでしょうか。
ピントのはずれた部分を集めて、見かけの被写界深度を浅くすることができたら、マイクロフォーサーズの弱点を克服できるのですが。

コメント 0

新着記事一覧