塚本邦雄
白粥の咽喉(のど)こゆるとき二十年むかし讀みたる「憂愁夫人」   (風雅)

お茶を濁し続けてというのも恥ずかしいのですが。
1-LR5__M602582-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M601914-3.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

コメント 0

新着記事一覧