破のかなしみに

塚本邦雄
寒の市に椿と卵今は昔序破急の破のかなしみに満ち   (星餐圖)

ひきつづき越前海岸で。
1-LR5__EE08020-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__EE08001-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__EE08075-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

写真を撮りはじめたころに読んだ本はいつまでも忘れません。
『ところが大抵のアマチュア作品は、自分だけの記録というワクにはまってしまい、それ以上の意味がない・・・(中略)・・・私は、なぜこんな写真を撮ったのか、と尋ねてみたことがある。すると彼らの答はこうだった。「どこが悪いんですか? ほかの人たちだって同じような作品をつくり、展覧会には出品されるし、雑誌にも出されてるじゃありませんか。それをなぜ僕がやっちゃいけないんですか」。
 このような写真へのアプローチはどうしようもないほどムダなアプローチであり、その心構えは小規模ながらも独自の考えが全くないことを露呈している。』(「ファイニンガーの完全なる写真」坂本登訳より)

ありがたいことに、ブログ「The Beatlesを聴きながら」のonorinbeckさんに励ましていただき、元気がでました。
自分で、何かちっちゃい事でも進歩してるんだと、言い聞かせます。

コメント

非公開コメント