塚本邦雄
白粥は微風に搖るるおとろへてつひに淨まるこころかなしも   (海の孔雀)
地主らの凍死するころ壜詰の花キヤベツが街にはこび去られき   (水葬物語)

二階にいるのがサルだったらよかったのですが、ネコでした。京都で。
LR5__M671299-9.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
LR5__M671435-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
LR5__M671449-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント 0

新着記事一覧