いづくにか咳

塚本邦雄
神いづくにか咳きたまふ否無爲の父が濕りし木琴叩く   (驟雨修辭学)
聖衣剥奪圖の聖衣 わがたましひは嚙みしくちびるほどのくれなゐ   (感幻樂)

みたび、否よたび、白川郷です。
1-LR5__M690790-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__EE96939-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__M690747-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5__M690539-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント

非公開コメント