塚本邦雄
冬日(ふゆび)の獏(ばく)あはれほほゑむわが家族とほざかりつつ記憶の外   (歌人)
美しからぬ姊一人ゐて夭折せり冬の萩市古魚店町(ふるうをのたなちやう)   (豹變)
寒の蜜月そはそはとして裾長の浴衣総身(そうみ)に紺の朝顔   (花劇)

敦賀ののこりものでお茶をにごそうという魂胆です。
来年の干支にちなんで「くくりざる」を、クリスマスにちなんで教会を、と通俗的な発想におちいっています。
3-LR5__RD22980-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__RD22995-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__RD23050-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4-LR5__RD22969-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__RD23059-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95

コメント 0

新着記事一覧