一塊のかなしみを

塚本邦雄
霜月の木通(あけび)むらさきちちうへに一塊のかなしみをたてまつる   (不變律)
夜のつぎにくるはまた夜かなしげな魚の眼の中に燈ともせ   (水葬物語)
屋上にある日瞰(み)し街雪降りて無數に蝶の墓ならびゐむ   (透明文法)

叡山電鉄「二ノ瀬」駅とその付近で。
1-LR5__RD21358-4.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2-LR5__MK01757-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__MK01806-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

コメント

非公開コメント