ははと笑い立ちつくす

塚本邦雄
孤兒院へあたらしき孤兒、暗紅の風船をさむき夕空に曳き   (装飾樂句)
木犀一把 霜一つかみ 肉厚き男らはまはだかを著よとぞ   (感幻樂)
母てふはははと笑ひて立ちつくす冬の芒のごとき女人ぞ   (黄金律)

なお京都久多。
1-LR5__MK01492-9.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__MK01461-9.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__MK01441-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5__MK01552-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント

非公開コメント