塚本邦雄
三十一日間の日記を創作し、塚本(キエルケゴール)氏は秋の風邪   (黄金律)
ただ秋のかぜと言へれどその秋の風邪に眞珠母色の水洟(みづはな)   ( 〃 )
斷じて行へば貴様も怯むかと刈り束ねたれ芒千本   ( 〃 )

岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町にまたがる池田山で。
到着した瞬間だけ遠くに陽の光がみられましたが、すぐに雲ばかりの空模様になりました。
1-LR5__MK01028-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__EE96018-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__EE96057-5.jpg4-LR5__MK01013-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__MK01096-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

本日はかぜ気味。

コメント 2

pithecantroupus  2015, 11. 01 (Sun) 19:27

Re: タイトルなし

☆バーソ☆ さん、コメントありがとうございます。
光芒は一瞬のことで、夢中でシャッターを切りました。
陽がかげってもう撮るものがないとうなだれたら、足元にイガグリがありました。
かぜ藥を2、3種類のんで10時間ぐらい寝て、風邪なおったようです。

編集 | 返信 |  

☆バーソ☆  2015, 11. 01 (Sun) 08:41

2枚目。荘厳ですね。
雲の周辺を見ると8.5mmの威力がわかります。

4枚目。左のイガイガがガチョウみたいです。
枯葉がくちばしで、ちゃんと目もありますね。

かぜ、お大事に。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧