たましひ遊ぶ

塚本邦雄
火の星のふふめる酸味 晩秋のこころ病みつつたましひ遊ぶ   (天變の書)
耳燃ゆるばかりに羨(とも)し咒ひもて無花果を枯れしめたるイエス   (驟雨修辭学)
風媒花ばかり培(そだ)てて生きのびた園丁の掌(て)の圓錐形果   (水葬物語)

また「歴史ルート公園鹿深の道」で。
1-LR5__MK00338-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__MK00360-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__MK00321-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント

非公開コメント