のこすべきなにありやなしや

塚本邦雄
遺すべきなにありや秋のほそり陽に犬蓼の穂のいよよ紅かれ   (薄明母音)
なかぞらの戀をなにせむ林中にして手のつけられぬ櫨紅葉(はぜもみぢ)   (歌人)
石榴(ざくろ)一顆(いつくわ)届け候兄弟と呼び呼ばるるもこの秋かぎり   (睡唱群島)

「歴史ルート公園鹿深の道」で、たぶん甲賀町。
1-LR5__EE45285-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__EE45320-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__MK00235-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

そろそろ年賀状とカレンダーの準備をする季節です。
年賀状は、毎年、干支の小物とカメラの組み合わせです。
三重県には、松阪市と桑名市多度に「弾き猿」という縁起物があります。
松阪のそれで試し撮りしてみましたが、サルに見えない点が問題です。

1-LR5__EE65781-2.jpg

2-LR5__EE65829-2.jpg

ほかの「サル」でも試しました。

3-LR5__EE65986-2.jpg

4-LR5__EE65941-2.jpg

コメント

非公開コメント