Age of Pen

ARTICLE PAGE

そらおそろしき退屈の

塚本邦雄
白萩に灰色の月「左大臣實朝」とこそ書き損じたれ   (黄金律)
家族に核ありしや否や秋風に洗ひあぐればさびしき障子   ( 〃 )
莊子(さうじ)讀むそらおそろしき退屈のそのときかがよへりわが余生   ( 〃 )

犬山市リトルワールド、韓国の家。
1-LR5__M520982-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M520980-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE03970-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
4-LR5__EE03942-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
5-LR5__EE03919-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
6-LR5__M521014-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

前にも引用した「デジャ・ヴェ」創刊号の森山大道の話の続きからもう少し。

飯沢: 『仲治への旅』(蒼弯舎、1987)という写真集も出されていますね。安井仲治という人物が森山さんをそれほどまでに魅了しているのですか、それとも仲治の写真ですか。
森山: もちろん写真ですよ。でも写真ということは結局人物でもあるから。
飯沢: クラインとかとは違ったレベルですか。
森山: クラインとか東松照明は、まさに僕が写真を始めようとした時に出会って、ショートしただけのことですからね。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い