うすれつつ、透かしつつ、えにしもあらず

塚本邦雄
蜉蝣(かげらふ)と燈と秋霧とうすれつつひとりなる夜夜をわが炎(も)ゆる莫(な)し   (透明文法)
鶏卵を燈(ひ)に透かしつつじりじりと生溫き生(せい)をたのしみゐるか   (装飾樂句)
夢殿に人觸れあひてはるかなるえにしもあらず晝の白萩   (睡唱群島)

生駒聖天宝山寺。
2-LR5__M520739-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__EE33460-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__M520474-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント

非公開コメント