こころにもあらざるを

塚本邦雄
奈良も旱なれどつゆけき心もて過ぐる京終(きやうばて)、帶解(おびとけ)の町   (驟雨修辭学)
スープの皿に針沈みつつゆめわれら知らぬアンダルシアに月照る   (水銀傳説)
歌はこころにもあらざるをうつくしきかなあつものの中の銀杏(ぎんなん)   (不變律)

今日は奈良。
1-LR5__M520810-4.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__M520791-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__M520781-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__M520764-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

コメント

非公開コメント