塚本邦雄
桔梗濃し神を選ばば七人のユダを宥(ゆる)して肉(しし)ふとりたる  (天變の書)
遠縁(とほえん)に戰犯一人ありしこと白萩の垣爛(ただ)れゐしこと   (歌人)
バッハ管弦組曲二番ロ短調死後にし聽かばふたたび死なむ   (約翰傅偽書)

京都西陣、三上家路地。
ようやく、沼克己さんの『遊遊爺的なボクの時間』にあった路地に到着。
1-LR5__EE63218-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__EE63250-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__EE63261-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__EE63271-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

塚本邦雄『黄昏楽 考幻学的与謝野蕪村ノート ―』(短歌誌「喜望峰」1967年12月)より引用。
 蕪村のライフ・ワークの中から『晋我追悼曲』一篇をのみ採り、他をかへりみぬのは私の独断であり、妄執に似たえらびに過ぎぬ。だが私はこのえらびを以て己が審美眼を験してきたし、この後もうたがはないだらう。即ち、たとへば晶子ならば『みだれ髪』一巻、暮鳥の全作品からはあとにも先にも「囈語」ただ一章、静雄については『わがひとに与ふる哀歌』のみ、吉岡実ならば『僧侶』と、私の選択は一見刻薄をきはめる。・・・・

先日のブログ記事で引用した吉岡実「僧侶」書評にも同じような記述があったので、暮鳥『囈語(げいご)』が気になりました。
国立国会図書館のライブラリーで原本が見れましたし、青空文庫の山村暮鳥「聖三稜玻璃」(せいさんりょうはり)でも読めました。

囈語   【げいご】

 竊盗金魚       【せっとうきんぎょ】
 強盗喇叭       【ごうとうらっぱ】
 恐喝胡弓       【きょうかつこきゅう】
 賭博ねこ       【とばくねこ】
 詐欺更紗       【さぎさらさ】
 涜職天鵞絨(びらうど)   【とくしょくびろうど】
 姦淫林檎       【かんいんりんご】
 傷害雲雀(ひばり)   【しょうがいひばり】
 殺人ちゆりつぷ       【さつじんちゅうりっぷ】
 墮胎陰影       【だたいいんえい】
 騷擾ゆき       【そうじょうゆき】
 放火まるめろ   【ほうかまるめろ】
 誘拐かすてえら。   【ゆうかいかすてえら。】

これで100年前(1915年 大正4年)の作品だそうです。

コメント 4

pithecantroupus  2015, 10. 02 (Fri) 20:27

Re: こんばんは

犬山にゃん太郎さん、コメントありがとうございます。
さすがです。おっしゃるとおりの蜂蜜屋さんです。
有名なんだそうですね。はずかしながら、最近まで知りませんでした。
撮影中も何人ものお客様、女性ばかりがお店にずーっと入ったままでした。気後れして、わたしは中へ入れませんでした。

編集 | 返信 |  

犬山にゃん太郎  2015, 10. 01 (Thu) 23:29

こんばんは

ここは蜂蜜屋さんないでしょうか。
何かで見てここへ行ってみたかったですが、
未だに実現してません、、、、京都遙かに遠い今日この頃ですわ( ;∀;)


編集 | 返信 |  

pithecantroupus  2015, 10. 01 (Thu) 20:41

Re: ゆっくりとしたご答礼、いたみいり候

Katsumi Numaさんコメントありがとうございます。
勝手にブログでお名前を引用させていただき、すみませんでした。
わたしこそ、Numaさんのブログを楽しく拝見し、参考にもさせていただいています。
京都シリーズ、口はばったい言い方ですが、良かったです。いくつもの写真が心に残りました。
それから、あまりほめないでください。恥ずかしくなります。

編集 | 返信 |  

Katsumi Numa  2015, 10. 01 (Thu) 00:20

ゆっくりとしたご答礼、いたみいり候

お洒落で粋な答礼、ありがとうございます。

いつも勉強させていただいていますし、真似もさせていただき、勝手にですが密かに「師」ともあおいでもおります。
しかしながら、とてもかないません。

深遠で知的で力強く、それでいて抑制の効いたデカダンスな雰囲気を醸すpithecantroupusさんの写真表現には、時に涙がこぼれることがあるほどです。塚本邦雄の作品により導かれ、写真の印象に浸れば、シンクロしてどんどん引き込まれて、危険でもあります。

今回は、1枚目の濡れた石畳、2枚目の軒下の電線、3・4枚目の路地入り口と路地奥からモノクローム、すベてのカットで、三上家路地の15mの空間の印象を表現なさっています。
「うまいな〜」って、いつものことですが今回も唸ってしまいました。

それに特性が違うとはいえ、SUMMILUX 15mm F1.7とM.ZUIKO 17mm F1.8のたった2mmの画角差のレンズを使い分ける繊細さには、おもわずその意図を考え掘り下げて考えると、「なるほど!」って痺れてました。

不出来な自称、門下生でありますが、これからもよろしくお願いいたします。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧