塚本邦雄
秋風が鬱の顱頂をかすめたり「一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジ」  (黄金律)
眞處女(まをとめ)の息吹みだれて金盥(かながらひ)ころがれり新秋のひびきあり  ( 〃 )
邯鄲の屍ぞころがれるあしもとに秋風のゆくへつきとめたり  ( 〃 )

なお途中下車の鈴鹿市白子。
1-LR5__RD20098-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__RD20275-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__RD20283-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

「一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジ・・・」の歌には、『「アレバ」は「アラバ」の誤りなれば』と詞書がついています。
「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」は教育勅語の一節です。

コメント 0

新着記事一覧