塚本邦雄
離住(かれず)みに經たるいくとせ季(とき)過ぎて紫苑(しをん)咲く日を母に對(むか)ひつ  (薄明母音)
ゆすらうめ夢の檻はや夏ふけぬ一粒ののぞみわれにのこせや  (新月祭)

いつも仕事へ通う道を今日は途中下車して。
1-LR5__RD20191-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__RD20172-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__RD20202-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

コメント 0

新着記事一覧