塚本邦雄
夏過ぎてひらく希臘(ギリシア)の春婦傳しをりうしほのにほひ沁みつつ  (驟雨修辭学)
空蟬をにぎりつぶして目つむればこの世のとどのつまりの響き  (約翰傅偽書)
晩夏とてもとよりうたふすべ知らぬ母が深淵の色のかたびら  (歌人)

昨夜ご近所で。
1-LR5__RD29558-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__M524958-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__RD29635-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__RD29648-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
5-LR5__M525024-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント 0

新着記事一覧