塚本邦雄
藍の蝙蝠傘(かうもり)さしかけらるるわが肩のしぐれよ〽志をはたして  (風雅)
靑酸漿(あをほほづき)まばらなれども直江津に一夏(いちげ)すぐさむ父にて候  (豹變)
アリサなど記憶のかけら半身を此岸(しがん)におきて鮎くらふとき  (歌人)
禁じられし遊びの邑に夏ふけて玄鳥の白き胸をなげくも  (綠色研究「国王Lと哲学者Nによせる脚韻二十行詩」より)

岐阜川原町。
1-LR5__EE12504-7.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__M524729-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M524754-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE12446-8.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

コメント 0

新着記事一覧