塚本邦雄
平和記念ドーム觀に來て老婆たちふはふはと綿菓子を食ひをる  (装飾樂句)
原爆展觀に來てすぐにかへりゆく少女酷寒の黑き手袋  ( 〃 )

松阪市嬉野中郷のあたりで。
とおく雷がなっていました。
1-LR5__EE31965-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__M524293-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

きょうは原爆忌です。塚本邦雄には原爆の歌がありますが、それらには、とても読みにくい、文法的でなく人間の感情として読みにくい歌があります。悲惨な現実を正直に表現するからでしょうか。
また、「反語」ではないか、と思う歌もあります。
『原爆展觀に來てすぐにかへりゆく少女酷寒の黑き手袋』は、わたしには酷寒は炎暑、黑は白ではないのかと思えるのです。もちろん白い手袋を夏でもしているのは普通の少女ではありません。

コメント 0

新着記事一覧