塚本邦雄
象の膚(はだ)灰色に濡れいまだ見ぬ他界の壁のごとし八月  (汨羅變)
夏、慘と照れるひととき砂色の生薑(しやうが)賣り來る死者のこゑして  (日本人靈歌)
桔梗濃く天涯に咲き生きのこりたればまた殺さるるわれらか  (天變の書)

なお宇気郷。ほんとうに美しい村です。
2-LR5__M524047-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__M524337-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M524113-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
1-LR5__M524258-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント 0

新着記事一覧