塚本邦雄
火に投げし桔梗の縹(はなだ)一瞬に攣(つ)れつつ告げむここまでは愛    (靑き菊の主題)
文學の塵掃きすててなほわれの部屋の一隅なるゴビ砂漠    (不變律)
夏樫の苗木運ぶとその前後きらめけり われ何にやぶれし    (閑雅空間)

きょうは京都でお祭り気分に。
1-LR5__EE11414-7.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__M522881-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__M522875-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント 0

新着記事一覧