塚本邦雄
生きのびて癡(おろ)かに暑し火喰鳥蒼然として羽抜けかはる    (装飾樂句)
さみだれの沖なりけれど枇杷色の少女艀(はしけ)の上駈け移る    (歌人)
靑年を戀ふる壮年 みづいろに盥の底を夏至の陽過ぎつ    (感幻樂)

雨のちくもり、一時小雨。
京都、大覚寺で。
1-LR5__EE80472-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__M521869-3.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__EE80493-3.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__M521908-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント 2

pithecantroupus  2015, 07. 01 (Wed) 06:05

Re: ためいき

Katsumi さん、いつもありがとうございます。
「遊遊爺的なボクの時間」の写真も好きです。
これからもよろしくお願いします。

編集 | 返信 |  

Katsumi Numa  2015, 06. 30 (Tue) 20:30

ためいき

素晴らしい。同じところを訪れても、視点やスキルの差でこんなに豊穣な表現が可能になるなんて、驚きです。勉強させていただきます。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧