塚本邦雄
死なざれば名もなき男露の世にほととぎす著け劍! と啼きしか  (靑き菊の主題)
花石榴ふみにじりつつ慄然たり戰中派死ののちも戰中派  (魔王)
さみだれの夜半に憶へばそのむかし「天壌無窮」と言ひき 何がか  (黄金律)

庭に咲いていたルリギク。花にいたムシはカンタンのような昆虫でしたが、何かは知りません。
1-LR5__M520596-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M520577-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント 0

新着記事一覧