塚本邦雄
無用ノ介の明眸ひとつ 星月夜にはかにかきくもり梅雨(つゆ)至る  (風雅黙示録)
刹那の人生と言へれば水無月に流連(ゐつづけ)といふふりがなあはれ  (黄金律)
母ははじめから晩年の靑水無月うすものにうすものをかさねて  (詩魂玲瓏)

亀山公園。
1-LR5__M520535-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__M520276-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__M520552-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4-LR5__M520327-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__M520251-4.jpg
CANON 50mm F0.95

コメント 0

新着記事一覧