塚本邦雄
輸卵管なめらかにある新綠の夜の溫室に放蕩息子  (透明文法)
花をはりたるはわが身か甲賀郡信樂の水無月がみづみづし  (黄金律)
六月の紺のみづうみ 英靈が力盡き果てああうらがへる  (約翰傅偽書)

京都で。
1-LR5__RD27865-3.jpg

2-LR5__EE39233-3.jpg

3-LR5__EE39208-3.jpg

4-LR5__5230304-3.jpg

1-LR5__5230139-5.jpg

コメント 0

新着記事一覧