Age of Pen

ARTICLE PAGE

末路おもいて

塚本邦雄
ひとよ初夏の別離再會行き違ひ老母(おいはは)獨活(うど)のごとくに立ちし  (花にめざめよ)
少年發熱して去りしかば初夏(はつなつ)の地に昏れてゆく砂繪の麒麟  (装飾樂句)
大工ヨセフの末路おもひてそびやかすひだり肩はつなつの夕暮  (波瀾)

なお揚輝荘。
1-LR5__5300045-4.jpg
揚輝荘のうち、ハーフティンバーの外壁など山荘風建築の『聴松閣』内で
2-LR5__EE09509-4.jpg
『聴松閣』玄関のたたき。種々の木の輪切りや雲母で飾られていたそうです。
3-LR5__EE09478-4.jpg
揚輝荘地下室の地下トンネル入り口。トンネルは幅が一間あるそうです。
4-LR5__EE09473-4.jpg
聴松閣地下室の壁画は、揚輝荘に寄宿していたインド人パルク・ハリハランが、アジャンタ石窟の壁画を模して描いたものとか。ピントが視線の先にあってしまう煩悩の輩め、と自分を叱責。
5-LR5__EE09451-4.jpg
昭和12年に建てられた聴松閣には、施主伊藤次郎左衛門祐民がその3年前に訪れたインド、ビルマ、タイなどのイメージが豊富です。これもヒンズーの女神でしょうか。
6-LR5__EE09386-4.jpg
一階の中国風居間。
なおパルク・ハリハランはその後、インド独立運動にも関わり、日本人を妻に迎えて日印交流の架け橋にもなったそうです。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い