塚本邦雄
初夏のあやふきとびら烈風に煽られつつマルク・シャガール嫌ひ  (歌人)
書かずうたはず初夏(はつなつ)の日々ものうきに忽然として裂帛の百合  (黄金律)
萬綠の毒のまみどり死ぬ方法かずかぎりなく一つも無し  ( 〃 )

京都、車折神社。
1-LR5__5230259-3.jpg
42.5mm F1.4
2-LR5__RD27826-3.jpg
15mm F1.7
3-LR5__5230294-3.jpg
42.5mm F1.4
4-LR5__5230312-3.jpg
42.5mm F1.2
5-LR5__EE39280-3.jpg
25mm F0.95

コメント 0

新着記事一覧