塚本邦雄
柹の花顱頂(ろちょう)にこぼれこぼれゐき今日、詩歌とはなにならざるか  (歌人)
揚雲雀そのかみ支那に耳斬りの刑ありてこの群靑の午(ひる)  (綠色研究)
禁慾きはまりしうつつに麥秋の麥うちなびき全絃合奏(コーダ)のごとし  ( 〃 )

京都。
1-LR5__EE79013-4.jpg

2-LR5__EE78889-4.jpg

3-LR5__EE79052-4.jpg

4-LR5__EE78914-3.jpg

5-LR5__5170121-3.jpg

コメント 0

新着記事一覧