Age of Pen

ARTICLE PAGE

散り果つるまで

塚本邦雄
まどろみの七、八分の白晝のその閒に盛り過ぎたり牡丹  (黄金律)
特高と呼ばれし凶器摩耗して牡丹荘養老院にほほゑむ  ( 〃 )
朋(とも)は莫逆、その逆を怖れつつありやめよ散り果つるまでは牡丹  (詩魂玲瓏)

5月も半ば過ぎたというのに、今さら4月のおさらいを「サクラ」で。
ことしの桜は、3月の奈良と明治村、4月に京都、恵那市”新田の桜”と4回。
これにご近所で撮影したものを加えて、寄せ集めました。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い