塚本邦雄
平穏無事に五月過ぎつつ警官のフォークを遁げまはる貝柱  (日本人靈歌)
「戀ひわたる」とはいつの世ぞわが空を雁渡りたるあとの紺靑  (歌人)

1-LR5__5030073-3.jpg

3-LR5__5030218-3.jpg

2-LR5__RD27461-3.jpg

コメント 0

新着記事一覧