塚本邦雄
水貝のにがみたまゆら あやふきにあそぶたましひ 櫂の音する  (歌人)
黒谷の晝の紅梅一抹のあはれみを死者よりぞたまはる  (閑雅空間)
雪は足跡より解けはじめわが赴かぬ詩集『煉獄』出版記念會  (風雅)

きのうと同じく二月末に撮ったままお蔵入りになっていた写真。きょうは郡上で。
1-LR5__ADB6174-7.jpg

2-LR5__ADB6165-7.jpg

3-LR5__EE04300-5.jpg

コメント 0

新着記事一覧