塚本邦雄
武者隠し窓に二月の陽がかげり『ガリア戰記』の巻末おぼろ  (詩魂玲瓏)
靑年の鍵裂きの肩くちひびく二月の悪漢小説(ピカレスク)はじまらむ  (歌人)
明日と言へど餘生の一日(ひとひ)きさらぎの太陽にはたづみにうかびて  (豹變)

時計が好きです。亀山市関町にて。
1-LR5__RD26136-15.jpg

1-LR5__RD25961-15.jpg

2-LR5__EE13494-15.jpg

コメント 0

新着記事一覧