塚本邦雄
愕然たるわがものわすれ電線に雨滴とどまりつつ二月なり  (黄金律)
二月の風死にたりければ泪湧く李花和歌集の巻軸に「星」  (歌人)

鳥羽のつづきを後回しにして、
今日行ってきた伊勢は二見の「おひなさまめぐり」。
賓日館という老舗旅館での撮影から始めました。
1-LR5__RD25046-13.jpg

1-LR5__EE73325-13.jpg

2-LR5__RD24991-13.jpg

3-LR5__RD25268-13.jpg

4-LR5__RD25027-13.jpg

コメント 0

新着記事一覧