Age of Pen

ARTICLE PAGE

結論は

塚本邦雄
とほきいくさとおもひゐたるに虹鱒の虹をななめに殺(そ)いたり吾妹(わぎも)  (波瀾)
生きて冬の海を聽くてふおそらくは血も紺靑のなごりのうしほ  (靑き菊の主題)
ぬばたまの晩年やわが歌ひたることの結論は「幻を視ず」  (不變律 遡行的一月暦二十七日)
睦月(むつき)に梅いまだするどしわが歩み去るべき方に黑き雫す  (閑雅空間)

2015年1月20日までは「とほきいくさ」と思っていました。
京都国立博物館。
1-LR5__EE32093-13.jpg

2-LR5__RD23937-13.jpg

3-LR5__RD23966-13.jpg

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い