塚本邦雄
人をとことんまでうたがひてこころよし紅葉(こうえふ)散りをへて眞裸(まはだか)  (黄金律)
病みつつ老ゆる一人二人を思ひをりすさまじ落つる鮎のきらめき  ( 〃 )

勝山市平泉寺白山神社。
1-LR5__EE60002-3.jpg

2-LR5__EE60155-3.jpg

3-LR5__EE60049-3.jpg

4-LR5__EE60054-5.jpg

5-LR5__EE60134-5.jpg

1-LR5__EE60187-3.jpg

コメント 0

新着記事一覧