塚本邦雄
大正、藍の香していつくし若者が肩までたくしあげたる袖  (花劇)
若狭の實家より應(いら)へなしかぎろひの幽霊を飼ひはじめたるか  (不變律)

名古屋の「文化のみち」拠点施設になっている旧川上貞奴邸。
大正時代に女優第一号と言われた川上貞奴と、 電力王と称された福沢桃介が暮らした家。
むかし「二葉御殿」といわれた邸は、いま「文化のみち二葉館」という名で公開されています。
1-LR5__EE78488-5.jpg

2-LR5__EE78502-5.jpg

3-LR5__EE78536-5.jpg



コメント 0

新着記事一覧