塚本邦雄
鶏頭のごときその手を撃ちし刹那わがたましひの夏は死せり  (水銀傳説)
靑き菊の主題をおきて待つわれにかへり来よ海の底まで秋  (靑き菊の主題)
底なき秋のゆふべとおもふ飲みくだす冷水にたまゆらの菊の香  (不變律)

明治村
1-LR5__RD20266-5.jpg

2-LR5__RD20280-5.jpg

コメント 0

新着記事一覧